温泉の神様に守られて

 古くから湧き出る温泉には湯の神様が祀られています湯村温泉は岩盤から湧き出る温泉であるた川辺の源泉のちうど裏山に湯舟大明神いう巨岩の御神体があります山の斜面にそびえ立ているため近寄ることはできませんが御神体の真下に石碑がありそこで拝むことができます。

温泉の神様に守られて

 江戸時代の国学者塙保己一が編さんした群書類従にはよると室町時代のお坊さんがヤマタノオロチ伝説の地を巡るために出雲地方を訪れ湯村の湯に入りながらオロチ神話の話を地元の人に聞いたこと記されています感謝の意として薬師如来の梵字を岩に彫りそれが源泉近辺で見ることができます

温泉の神様に守られて

温泉の神様に守られて

 また国道314号線を湯村へ入り橋を渡うど山の中腹に湯薬師が祀られていますこの湯薬師堂には地元の人や温泉に入り身体の調子が良くなた方などが参拝に訪れ自然からの恩恵に手を合わせる姿が見られます

温泉の神様に守られて

 湯村の地元の神社は隣里の温泉神社です須佐之男命の妻稲田姫の両親である足名椎と手名椎が祀られています万歳山の中腹にあ神社を下ろし他の小さな神社の御神体と合祀して温泉神社として一緒に祀られていますヤマタノオロチ伝説のゆかりの神社としても知られています

温泉の神様に守られて